遺産相続の際の路線価とは何ですか?

相続人が土地を相続しなければならないというケースでは、被相続人が残してくれた土地についてまずは評価額を算出しなければなりません。
ここで評価額を決める際には、路線価という方法が用いられていますが、この路線価というのは毎年国が発表するものとなっています。
土地というのはどのような土地であっても基本的には必ず道路に面しているものですから、この道路そのものに、まずは価格をつけた上で土地の価格も計算しやすいようになっています。
それぞれの土地によって細かな計算をする必要が出てくるのですが、実際に土地を直接見てみなければ、ある程度の相場なども把握できないようでは困りますので、上記したように、毎年国が発表するものとなっています。

しかしこの路線価というのはあくまでも一つの目安として考えられているものですから相続問題で土地を販売する際には、路線価を基準にしながらも土地の形状を細かく評価していく必要があります。
これは相続税対策の部分でも非常に重要になってきますので、路線価からある程度年の相場を把握した上で鑑定人にしっかりと金額を算出してもらうようにしましょう。
土地の評価額を算出するためには、税理士さんにお願いすればこの路線価基準で計算してくれるのですが、さらに細かく算出するにはやはり不動産鑑定士が必要となります。

◼︎土地の形状によって最終的な評価額は大きく変わってくる

上記のようにあくまでも基本的な部分では路線価を参考とするのですが、その土地によって道路に面している部分が非常に多いのか、それとも間口そのものが非常に狭いのかなどといった違いがあります。
このほかにも傾斜のある土地であるといったケースや土地のすぐ裏に建物があるケースと雑木林になっているケースなど様々です。
このような部分については、やはり不動産鑑定士が細かな情報から土地の価格を算出してくれますので一度はしっかり鑑定してもらうようにしましょう。

路線価そのものが非常に高いエリアの場合には土地が小さくても比較的高い評価額となるため、相続人にとってはメリットになることもあります。
反対に土地そのものはさほど広くなくても路線価が高く評価額が高くなってしまうことで相続税の対象になるようなケースもあるので、最もベストなのは複数の鑑定人に算出してもらうことだと言えます。
その中で相続税なども考えながら、どの鑑定士が算出した金額で申告するのかを考えるようにしましょう。
また、前述の通り、路線価は毎年変わるものですから相続協議が長引くことによってプラスにもマイナスにもなる可能性があります。

今後、土地価格が高くなる見込みがあれば、あえて急いでの分割をするのではなく、土地価格が上がるまで待ってから評価をした上で相続登記を行うといった方法でもよいでしょう。